市場性の高いキーワードを狙ったWebマーケティング戦略

Webサイト戦略

市場性の高いキーワードを狙う戦略とは

狙いたい業界は特になく、市場性の高い分野(キーワード)があればその市場をターゲットにしていきたい、と考える場合のWebマーケティング戦略について、当戦略で成功した事例とともにご紹介いたします。まずは当戦略がどのようなものか、概要や実行するための手順などを説明します。

具体的な戦略の概要

「市場性の高いキーワードを狙う戦略」とは、自社が取組んでいる事業分野で使うことの多い言葉(加工名、部品名、材料名など)の中から検索需要がありそうなキーワードをピックアップし、その中から市場性の高いもの(需要が多く供給が少ないのが狙い目)を優先的に狙っていく戦略のことです。

戦略を実行する手順

下記の手順で実行していきます。

①市場性の高いキーワードを探す

キーワードプランナーなどのツールを使用し、ピックアップしたキーワードの検索需要(月間の検索回数)と競合サイト数(検索した際のHIT件数)をチェックします。その中で需要が多く供給が少ないものを市場性の高いキーワードとして選出します。中小企業のWebサイトであれば検索需要が100件以上あれば市場性は十分にあると判断して良いでしょう。ただ、競合サイトが多すぎると検索上位表示させるのが難しくなるため、競合サイト数に関しては100万件以下のキーワードが望ましいです。

②対策するキーワードで上位表示するためのコンテンツを検討し制作

対策するキーワードと関連性の高いキーワードをチェック(これもキーワードプランナーを使います)したり、上位表示されている競合サイトをベンチマークしたりことで、どのようなコンテンツを掲載すれば上位表示されそうか、仮説を立てます。そして、その仮説に従ったコンテンツを作成しWebサイトに掲載します。

③問合せに繋がっているかどうか効果検証を行い更に対策

最後に狙った市場から問合せが入ってきているか、を検証します。どれだけアクセスが稼げても問合せに繋がらなければ意味がないので、メールや電話での問合せ内容を必ず記録してください。対策するキーワードと相関性が高い問合せが入ってきているかどうか検証し、うまくいっていれば更にコンテンツの充実化を図り、うまくいかなければキーワードの選定からやり直します。

 

どのような会社に向いているか

Webサイトを作成する上で下記のような内容でお困りの会社に当戦略をオススメすることが多いです。

  • Webサイト上でPRするような明確な強みがない
  • ターゲットにしたい特定の業界や分野がない
  • ライバルとなる競合サイトが思い当たらない?

上記のような悩みを抱え、市場性の高い分野から効率よく新規顧客を獲得したいと考える会社に向いています。ただし、選定したキーワードによっては自社の得意分野ではない問合せが入ってくる可能性が高いため、親切丁寧に営業対応ができる会社でないと受注を獲得するのが難しいかも知れません。ある程度の営業力が必要となるため、商社などにも向いている戦略とも言えるでしょう。

 

成功事例のご紹介:大東電気株式会社さま

弊社が支援したお客様の中で、当戦略の実行により多くの新規顧客を獲得した事例があります。上述した戦略の実行手順に従って、どのような施策を行ったのかを説明します。

①対策するキーワードの選定

大東電気株式会社さまは、熱硬化性樹脂、熱可塑性樹脂、断熱材など、幅広い材料を加工できることが強みです。また、市場のニーズに合わせ積極的に様々な仕事を獲得していく意欲もあったため、当戦略を実行しました。

当戦略の定石に従って検索需要と競合サイト数を調べ、市場性の高いものから優先的にキーワード対策することにしました。調査してみると、断熱材関連のキーワード(ヘミサル、ロスナボード、ミオレックスなど)の市場性が高いことが分かりました。

②対策するキーワードで上位表示するためのコンテンツを検討し制作

同社で扱うことができる断熱材の素材は5種類程度ありましたが、材料の種類ごとにページを制作するほどコンテンツを準備することは難しそうでした。そこで、ひとまず断熱材加工の紹介ページを制作し、材料ごとの特徴や加工事例をまとめて紹介するページを制作しました。

③問合せに繋がっているかどうか効果検証を行い更に対策

キーワード調査の予想通り「素材名+加工(ヘミサル加工、ロスナボード加工、ミオレックス加工など)」というキーワードで検索上位表示を短期間で獲得することができました。同社へどのような問合せがきているか(メールと電話)の記録を見せていただきましたが、対策キーワードと関連する仕事の問合せを多く獲得できていることが分かり、当戦略の成功を実感することができました。

関連記事一覧